『世界一受けたい授業』裴英洙先生のすぐにできるインフルエンザ・風邪対策!

薬 暮らし
スポンサーリンク
薬
 12月29日に『世界一受けたい授業 良いお正月を迎えるために!あと3日でできること2時間SP』の中で放送された、インフルエンザ・風邪対策をご紹介します。
お話されていたのは、『一流の人はなぜ風邪をひかないのか?』の著者である裴英洙(はい えいしゅ)先生。
 
 これから受験シーズンも控え、風邪やインフルエンザ予防が気になりますよね。
日常生活の中で予防できるポイントが紹介されていて、今日から簡単に実践できることばかりでした。
絶対に風邪引けない!!というあなた!ぜひ、参考にしてみてくださいね!
 
 
スポンサーリンク

今すぐにできる、インフルエンザ・風邪予防対策!

外から帰ってすぐにうがいをするのはNG!?

 いきなりガラガラうがいをすると、口の中に入っているウイルスをのどの奥に押し込んでしまうそうです。
まずは、口の中に水を含んで、ブクブクと口の中をゆすぎ、吐き出します。その後にガラガラうがいをしましょう。
ガラガラうがいは、ガラガラと音を立ててするのが効果的です。音が出る状態ということは、のどの奥まで水が届き、しっかりとうがいもできているということなのだそう。
 

アルコール消毒は、手の水分をしっかりとふき取ってから!

アルコール消毒
 インフルエンザ・風邪予防にアルコール消毒は効果がありますが、手がぬれているとアルコールの濃度が薄まり、効果も下がってしまいます。
手を洗った後にアルコール消毒をする時は、手の水分をよくふいてからにします。
 

顔を触るクセで感染リスクが上がる

 人は無意識に顔を触っていることが多いとのこと。顔を触ることで、手についたウイルスが目や鼻、口の粘膜から感染する確率が高くなります。なるべく顔を触らないように意識したり、こまめに手を洗うように心がけるようにしましょう!
 

風邪が流行する時期に一番感染リスクの高い場所は?

マスク
 飛行機の中は、密閉された空間に長時間たくさんの人がいます。空気も乾燥していてウイルスが活発な状態ですよね。ある研究では、2時間半のフライトで、5人に1人が風邪を引いたというデータもあるのだとか!怖いですね。
それでも、年末年始などは、飛行機や新幹線に乗らなければならない場合もありますよね。その場合は、後部座席に乗るようにするとよいようです。唾などは前に飛ぶので、後ろの方が飛沫感染のリスクが下がるそうです。なるほど、ですね。
 

飲み物意外でのどを保湿するには、ガムが効果的!

 感染を予防するためには、のどを潤すことが効果的で、こまめに少しずつ飲み物を飲むとよいのですが、飲み物を飲む以外でのどを潤すのに効果があるのは、ガムをかむこと。ガムをかむと唾液が分泌され、のどを潤してくれるとともに、唾液に含まれる殺菌成分がウイルスから守ってくれるのだそうです。
 

簡単にできる予防法は鼻呼吸!

 鼻には、空気清浄機、加湿器、異物除去装置の役割があります。鼻呼吸をすると、ウイルスは鼻の粘膜で絡め取られて、鼻水や痰になって体外に排出されます。とにかく、風邪を引きたくない!という方は、今すぐ鼻呼吸をするように意識しましょうね。
 

風邪を引いたらビタミンCを取るのが良い、は間違い!

 現代医学では、ビタミンCが風邪予防や回復への効果は認められていないそうです。反対にビタミンCの取りすぎは、下痢や胃腸障害を起こすこともあるとのこと。風邪を引いたからといってビタミンCを大量に取るのではなく、日ごろからビタミンCも含め、バランスの取れた食事を取るようにすることが大事なのですね。
 
スポンサーリンク
 

もし風邪を引いてしまったら?

 風邪を引いてしまったら、少しでも早く治るようにしたいですよね。風邪を引いてしまった場合の対処法も紹介されていました。
 

風邪を引いたら入浴しない方がいい?

 入浴をすると、血行を良くし、体の新陳代謝を高めることができます。40度くらいのお湯で10分以内の入浴なら、風邪の治りを早める効果も期待できるのだとか。
※37.5℃以上の熱がある場合や、子供、高齢者、嘔吐や脱水症状がある場合は入浴はしないようにします。
お風呂

のどを保湿し、なるべく声を出さない

 のどがイガイガしたり、痛くなった場合は、マスクをするとのどの保湿に効果アリ。また、声を出すことでのどの粘膜に負担がかかるので、しゃべらないようにすることも回復を早めてくれるとのことです。
 

とにかく寝る!

睡眠
 風邪の回復を早めるためには、風邪を治すこと以外にできるだけ体力を使わないようにすることが大事だそうです。温かくして、できるだけ寝るようにすることが回復を早めてくれます。寝ることができない場合は、座っているより横になる方がよいそうです。できるだけ、体を休めるようにした方がいいということですね。
 

まとめ

 いかがでしたか?ちょっとした心がけで予防できることがたくさんあるのですね!
うちも昨年は受験生を抱えていたので、風邪予防には本当に気を遣っていました。
冬の子供
受験生がいないとしても、ママたちには風邪を引いても休んでいる時間なんてないですもんね・・・。今日から早速実践して、風邪を引かずに元気に冬を過ごせるようにしましょうね~(^^)/
 
絶対に風邪を引きたくない!という方は、チェックしてみてくださいね。
↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました