夏祭りに!お花の飾り、折り紙ちょうちんの飾りつけの作り方

夏祭り飾り 子供会のアイデア
スポンサーリンク

夏祭り飾り

 

 

 

 

 

 子供会のイベントには外せない飾りつけ。かわいい飾りつけがあるだけで、夏祭りのムードも高まるし、盛り上がりますよね!

 けれども、子供会の予算には余裕がないので、あまりコストをかけずに、それでいて華やかに会場を飾りつけするアイデアを考えました。

 

スポンサーリンク

かわいい!簡単!お花の飾りの作り方

 

 子供の頃、ペーパーフラワーを作ったこと、みなさんもきっとあると思います。このペーパーフラワーを夏祭りっぽくアレンジしてみました。ヒラヒラが夏らしく涼し気な飾りです。

 ペーパーフラワーは以前、飾りつけ用に子供たちが作ったものが保管してあったのでそれをリサイクルし、スズランテープも他の行事で使用した残りを使いました。紙もチラシを使ったので今回はコスト0円!

 材料を購入して作る場合でも、すべて100円ショップで購入できるので、あまりお金をかけずに作れちゃいますよ!

 また、お子さんと一緒にペーパーフラワーを作れば、作る過程も楽しめると思います♪

 

★用意するもの

  フラワーペーパー

  A4サイズくらいの紙

  スズランテープ

  ひも(テグス、麻ひも、タコ糸など)

  はさみ、セロハンテープ

 

★作り方

①ペーパーフラワーを2個作る。

100円ショップ(ダイソー)にもフラワーペーパーが売っています。

1セットで20個のお花が作れます。裏にお花の作り方も書かれています。

 

     

 

②2個のお花をつなぎ合わせる。

お花の中心を留めたビニタイ同士をねじって、お花が背中合わせになるようにつなぎます。

 

③ヒラヒラの土台を作る。

A4サイズくらいの紙を使います。

 

短い辺を半分に折ります。

 

手前の端から上に巻いていき、細い棒状にする。巻き終わりはセロハンテープで留めます。

 

両端を重ねてセロハンテープで留め、輪っかにする。

今回は紙を使いましたが、ワイヤーなどでも代用できると思います。

 

④ヒラヒラを付ける。

スズランテープを好みの長さに切る。今回は40cmくらいに切りました。

 

4本に裂きます。

 

4本に裂いたスズランテープのうちの2本を輪っかに付ける。スズランテープの真ん中辺りで下の写真のように結びつけます。

 

この工程を繰り返して、輪っかに一周結び付けます。

  

 

 

⑤お花とヒラヒラをつなぎ合わせる。

輪っかにテグスなどのひもを結び付け、お花のビニタイを間に通し、テグスの端を輪っかに(最初の結び目の向かい側に)結び付けます。さらに、吊り下げ用のひももビニタイに結び完成です。

 

 

折り紙で作れる!ちょうちん飾り

 

 お花の飾りの他に、折り紙のちょうちんも作りました。

 

たくさん作りました。色とりどりでキレイです。

少し作るのが難しいですが、作っているうちに慣れました(笑)

→ 詳しい作り方は「知ってトクする君」さんのサイトへ

 折り紙で作る3パターンのちょうちんの作り方が、とてもわかりやすく紹介されています。

もっと簡単に作りたい人には『基本のちょうちん』の作り方がおすすめ!

これはうちの子供(小3)にも作れましたよ^^

 

 平面のちょうちんの作り方もあります。

【折り紙 折り方】ちょうちんの折り方

 

この作り方なら、夏祭りのポスターや招待状などに貼ったり、壁面の装飾にも使えますね。

 使う場所に合わせていろいろ作ってみるといいと思います。

 

 

夏祭りの飾りつけのアイデア

 

 お花の飾りと折り紙のちょうちんで会場を飾りつけしてみると、こんな感じになりました。

 

 外にも飾りつけしました。

他の行事で使ったちょうちんも一緒につり下げています。ダイソーで100円のものです。電池式で実際に灯かりが点きます。

夕闇の中、とても情緒的でステキでした。

 飾りつけを買うとお金がかかる、作るのは難しい、って思っていませんでしたか?

お金をあまりかけなくても、かわいい飾りつけはできるんですよね。

作るのは少し手間がかかりますが、子供と一緒に、夏祭りのことを話しながら作るのも案外楽しいものです^^

ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

夏祭りについては以下のページもご覧くださいね。

 → 子供会で夏祭り!縁日風遊びのアイデア! 

 → 子供会で夏祭り!子供たちに人気の景品7選!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました