母の日や父の日、敬老の日のプレゼントに!ダンボールの写真立て、フラワーアレンジメントの作り方!

写真立て1 子供会のアイデア
スポンサーリンク

写真立て1

 

 ダンボールの工作でカワイイ写真立てを作ってみませんか?

一緒に写っている写真を入れたり、メッセージを書いたカードを入れれば、父の日や母の日、敬老の日のプレゼントにもぴったり♪

お金もあまりかからずに作れるので、私たちは子供会でも「父の日、母の日のプレゼント作り」として、写真立てとフラワーアレンジメントを作りました!

今回は、ダンボールの写真立ての作り方と、簡単なフラワーアレンジメントの作り方をご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

ダンボールの写真立ての作り方

用意するもの

・ダンボール

・折り紙や包装紙、布

・ビーズやボタン、リボンなどの飾り

・ヒモやリボン

・プラバン

・定規、ハサミ、カッター、のり、ボンドや両面テープ、ホチキス、セロハンテープ

 

作り方 

①土台となるダンボールを切る

入れたい写真に合わせて、好みの大きさにダンボールを切ります。

写真立て2

私は、縦12cm、横16.5cmの大きさで作りました。

 表になるパーツは写真が見える部分を切り抜きます。

今回は、上の辺は2cm、横の辺は2.5cmずつ残して切り抜きました。

 写真を支える部分を作るために、1cmくらいの幅に切ったものも用意しておきます。

 

②表のパーツを作る

今回は折り紙を使いました。

折り紙1枚だと横幅が足らないので、2枚使っています。

写真立て3

折り紙をそれぞれ半分に切って・・・

写真立て4

交互に重ね、のりで貼り合わせて1枚にします。

        

写真立て5

1枚にした折り紙を裏返して、表になるダンボールをのせます。

ダンボールに合わせてボンドで貼ります。折り紙が大きすぎるところは切って大丈夫です。

真ん中はのりしろを1cmくらい残して切り、角に切り込みを入れておきます。

        

写真立て6

真ん中もボンドで貼ります。

 

③プラバンを貼る

写真立て7

 プラバンは、真ん中の切り抜いた部分より1cmくらい大きくカットして、表のパーツの裏側に貼ります。今回はセロハンテープで貼りましたが、布に貼る場合はボンドか両面テープを使ってくださいね。

 

④写真を支える部分をつける

写真立て8

1cmくらいの幅に切ったダンボールを横と下に裏側からボンドで貼ります。

この時、写真が収まる余裕があるか確認しながら貼ってください。

 

⑤裏側のパーツにヒモをつける

写真立て10

今回は麻ヒモを使いました。両端に結び目を作り、ホチキスで留めます。

キリなどで穴を開けてヒモを通してもOK!

 

⑥表と裏のパーツを貼り合わせる

写真立て9

表のパーツの写真を支える部分にボンドをつけて、裏のパーツを貼り合わせます。

 

写真立て1

写真を入れてできあがりです!

お好みで表にリボンやビーズで飾りをつけてくださいね♪

 

 子供会では、布を使って作りました。

写真立て11

布は家に余っていたものを使いました。

折り紙や布を貼らずに、色を塗ってもいいですね。

 

 子供会などで行う場合は、ダンボールはあらかじめカットしておくとよいと思います。

ボンドを使う回数が多いので、ボンドの本数を多めに用意しておくとやりやすいと思います!

 

スポンサーリンク

 

フラワーアレンジメントの作り方!

 子供会のプレゼント作りでは、フラワーアレンジメントも一緒に作りました。

お花はスーパーの特売の花を使い、家の近所の雑草も混ぜましたが、雑草はあまり日持ちがしなかったです・・・

 では、作り方を説明しますね~。

フラワーアレンジメント

用意するもの

・お花

・紙コップ

・ラップ

・オアシス

・折り紙

・リボン

・バケツ

・ハサミ

 

作り方

①オアシスは紙コップに入る大きさにカットして、水を入れたバケツに入れて、水を吸わせておきます。

オアシスは100円ショップにも売っていますよ。

 

②紙コップの内側にラップを敷き、オアシスを入れる。

 

③お花を切って、好きなようにオアシスに挿していく。

 

④折り紙で紙コップを包み、リボンを結んで完成です。

 

まとめ

  写真立てやフラワーアレンジメントは、コストもあまりかからずに簡単に作れます。

写真立て13

手作りのプレゼントをもらったら、とても嬉しいですよね!

子供会でみんなで作ると、子供たちも楽しみながら作れるのでいいですね♪

母の日や父の日、敬老の日のプレゼントに、ぜひ作ってみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました