コストをかけずに!新聞紙、広告チラシでクリスマスリース作り!

leasebase1 子供会のアイデア
スポンサーリンク

leasebase1

 

 

 

 

 

 クリスマスにリースを作ったことはありますか?

クリスマスリースを部屋に飾ると、クリスマスが一層待ち遠しくなりますね。

 

 クリスマスリースに使う土台は、100円ショップにも売っているのですが、

今回は子供会でリース作りをすることになり、たくさんのリースの土台が必要…。

そこで、新聞紙や広告チラシを使って、コストをかけずに作る方法を考えてみました。

スポンサーリンク

新聞紙、広告チラシで!リース土台の作り方!

 新聞紙や広告チラシで作られたカゴを見たことがありませんか?検索してみたら「アンデルセン手芸」というものなのだそうです。

 私が子どもの頃に流行っていて、友達のお母さんに作り方を教えてもらって作ったことがあります。そのことを思い出し、このアンデルセン手芸の方法でリース土台を作ることにしました。

 

用意するもの

・新聞紙や広告チラシ、雑誌など

・はさみ、カッター

・竹ひごなどの細長い棒

・ボンド

・塗料(ペンキ、アクリル絵の具、ニスなど)と筆、下に敷く新聞紙

・グルーガン(あれば)

 

作り方

①広告チラシを半分に切る。

leasebaseprocess1

 

 

 

 

 

       

leasebaseprocess2

 

 

 

 

 

 

②竹ひごなどの長い棒を使い、斜め45度くらいでなるべくぎゅっときつめに巻いていきます。

巻き終わりはボンドで留めます。

lasebaseprocess3

 

 

 

 

 

       

leasebaseprocess4

 

 

 

 

 

 

③細長い棒(くるくる棒)が出来上がります。このくるくる棒を必要本数作ります。

(私はリース土台1個に約8本使用しました)

leasebaseprocess5

 

 

 

 

 

 

④2本のくるくる棒をつなぐ。

くるくる棒は、巻き始めが細く巻き終わりは太くなるので、太い方に細い方を差込み、ボンドをつけてつなぎます。

leasebaseprocess6

 

 

 

 

 

 

⑤くるくる棒を曲げながら輪を作ります。

くるくる棒を④の方法で継ぎ足しながら、3周くらい巻きます。

leasebaseprocess7

 

⑥できた輪っかの周りに、くるくる棒を内側→外側を繰り返して、

ぐるぐると巻きつけていきます。

leasebaseprocess8

 

⑦巻き終わりは隙間に差し込んで、ボンドで留めます。

leasebaseprocess9

 

⑧出来上がったリースの土台に色を塗ります。

ダイソーのアイボリーと水性ニスの塗料を使い、2種類作りました。

汚れるので、必ず新聞紙などを敷いて作業してくださいね。

leasepaint

 

 

 

 

 

アイボリーの塗料は水で少し薄めて使い、新聞紙で作ったリース土台に塗り、

水性ニスは薄めずに、広告チラシのリース土台に塗りました。

反面塗って、乾かしてから裏を塗ると手が汚れなくて塗りやすいです。

手間はかかりますが、二度塗りすると仕上がりがキレイでおすすめです。

乾いたら出来上がり!

leasebase1

広告チラシ+水性ニスはツヤツヤした感じ、新聞紙+水性ペイントはツヤなしマットな感じになりました。

どうですか~?

新聞紙や広告チラシでできているなんて、ちょっと見ただけではわからないですよね。

leasebase2

20個くらいずつ、合計40個くらい作りました!

水性ニスは3本、アイボリーの水性ペイントは薄めたので2本使用。

竹ひご(ダイソー)と合わせて600円+消費税で40個のリース土台が作れました!

 

好きな飾りを使って、リースの飾りつけをしよう!

 リースの土台ができたら、いよいよ飾りつけですね!

飾りは、リボンや毛糸、モール、ビーズなど何でもOK!

松ぼっくりやどんぐりなどの木の実をつけてもステキです☆

松ぼっくりは銀や白のスプレー塗料で色をつけると、さらにクリスマスっぽくなりますね。

ボンドでつけてもいいですが、乾くまでに時間がかかるのでグルーガンがあると便利です。

 特に、松ぼっくりはボンドではすぐに取れてしまったので、グルーガンで付けました。

グルーガンは熱いので、大人が行うようにした方が安心です。

christmaslease2

 

 

 

 

 

 実際に子どもたちが作ったリースを乾かしている時の様子です。

それぞれの個性が出ていてかわいらしいです♪

子どもたちは工作が好きですよね。お互いの飾りつけを相談したり見せあったりしながら、

とても楽しそうに作っていました。

ちなみに、リースの土台は、子どもたちにはアイボリー、大人には木目風が人気でした^^

クリスマスパーティなどで、子どもたちみんなで作ってみるのも楽しいと思います。

ぜひ今年は、お金をかけない手作りリースを作ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました