おばけやしきの大道具①ダンボールで暖炉、薪の作り方!

暖炉2 子供会のアイデア
スポンサーリンク

暖炉2

 洋風のおばけやしきの大道具に、ダンボールで暖炉を製作しました。

暖炉があると洋館風の演出ができますね。

今回はおばけやしき用に製作しましたが、クリスマスの飾りつけにも活躍します☆

火を使わないのに、薪が燃えているように見せる工夫もされていて本格的ですよ!

それでは、暖炉と薪の作り方をご紹介しますね~。

 

スポンサーリンク

暖炉の作り方

用意するもの

・ダンボール

・ガムテープ

・模造紙

・塗料(茶色)

・スポンジ

・ボンド

・セロハンテープ、ハサミ、カッター、ハケ

 

作り方

①ダンボールを組み合わせて、暖炉の形にする。

暖炉1

 ダンボールを置いてみて、暖炉の形にします。

 

②レンガの模様にペイントする。

スポンジに茶色の塗料をつけて、模造紙にレンガ模様になるようにスタンプをしていきます。

①の工程で、ダンボールを一度分解し、内側の無地が外側になるように組み立てておけば、模造紙を使わずに、そのままペイントすることもできますね。

また、リメイクシートを貼ってもよいと思います。

 

③ダンボールをガムテープで固定します。

 

④模造紙をダンボールに貼る。

②で作った模造紙をダンボールに貼って完成です!

スポンサーリンク

 

 

薪の作り方

 用意するもの

・ダンボール

・アルミホイル

・セロファン(赤)

・LEDキャンドルライト

・塗料(黒)

・スプレー(白)

・カッター、ハサミ、キリ、セロハンテープ、ホチキス

 

作り方

①LEDキャンドルライトの周りに巻ける大きさにダンボールをカットします。

薪1

キャンドルライトはダイソーのものを使いました。

 

②ダンボールを黒く塗ります。

 

③薪のところどころが燃えているように見せるため、キリなどで適当に穴を開けます。

 

④穴の内側に赤のセロファンを貼ります。

 

⑤光を反射させるために、アルミホイルを貼ります。

薪2

 

⑥キャンドルライトの大きさに合わせて丸め、巻き終わりをホチキスで留めます。

薪3

       

 

 こんな感じになります。

薪4

 

⑦白のスプレー塗料を吹き付けます。

薪5

 

できあがり!!

薪6

暗いところで見るとこんな感じになりました。

 

この動画を参考にしました!

 ↓ ↓ ↓

【 ダンボールで暖炉を作ってみた 】

 

 本当に薪が燃えているみたいですね~。

こんなことを考え付くなんて、本当にスゴイと思います!

 

今回作った暖炉と薪。暗くしてみるとこんな感じになりました。

暖炉3

どうでしょう?暖炉に見えますか?

 

まとめ

 日本の家では暖炉なんて作れないなあ・・・そんな風にあきらめていませんでしたか?

私もそうでした。

でも、ダンボールでこんなにステキな暖炉が作れるんですね!

暖炉はほとんどダンボールを組み合わせるだけですし、100円ショップのリメイクシートを使えば色を塗る手間も省け、仕上がりもより本格的になりますね!

ぜひ試してみてくださいね。

 

おばけやしきの作り方、その他の大道具、小道具はこちらのページでまとめています。

→ おばけやしきを作るには?準備の仕方、アイデア、大道具、小道具の作り方を紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました