おばけやしきの大道具②ダンボールでドラキュラ風棺桶の作り方

棺桶6 子供会のアイデア
スポンサーリンク

棺桶6

 ドラキュラが中から出てきそうな棺桶をダンボールで作りました。

おばけやしきやハロウィンに活躍してくれること間違いなし!!

作り方をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね~。

 

スポンサーリンク

ダンボールで棺桶の作り方

用意するもの

・ダンボール

・農業用の黒いビニール

・ガムテープ

・結束バンド

・ハサミ、カッター、定規、キリ

 

作り方

①ダンボールに棺桶の形を書く。

棺桶1

 大きいダンボールを切り開き、棺桶の形を鉛筆で書きます。

今回は、ちょうど私が入れそうなくらいの大きさで作ります(笑)

書いた線をカッターでなぞって、折り目をつけておきます。

 

②棺桶の側面のパーツを作る。

棺桶2

 画像は①の側面部分を裏側に折り曲げてあります。

このフチに合わせて、側面のパーツのダンボールをそれぞれ作ります。

 

③棺桶のフタを作る。

ダンボールを①の底部分と同じ大きさに切ってフタを作ります。

ダンボール1枚だと棺桶にのせた時にふにゃふにゃして曲がってしまうので、ダンボールを細長く丸めた棒などを裏に貼って、補強しておくとよいと思います。

 

④組み立てる。

棺桶3

底部分と側面部分を立体的に組み立てます。

ガムテープで一旦仮留めし、その後、ダンボールのつなぎ目部分はキリで穴を開け、結束バンドを通してつなぎました。

結束バンドは、ケガを防ぐために、棺桶の内側で留めて、先は切らずに残してあります。

       

棺桶の形ができあがりました。

棺桶4

フタを合わせるとこんな風になります。

 

⑤黒いビニールを貼る。

棺桶5

棺桶の外側に黒いビニールを貼ります。

黒い模造紙や画用紙を貼ったり、ペイントしてもいいですね!

フタには十字架も付けました。

 

まとめ

 ダンボールで作るドラキュラ風棺桶、いかがでしたでしょうか?

大きいダンボールで作ると、人が中に隠れることもできますよ!

いかにも人が隠れていそうなモノって、おばけやしきには必須ですよね。

ダンボールの継ぎ目を結束バンドで留めているので、中に人が隠れる場合は、上からガムテープを貼るなど、ケガをしないように工夫をしてくださいね!

 今回はおばけやしきの大道具として作りましたが、ハロウィンの装飾にも使えそうですね。

画用紙などで小さく作って、中にお菓子を入れてもおもしろそうです♪

いろいろと試してみてくださいね~。

 

おばけやしきの作り方、その他の大道具、小道具はこちらのページでまとめています。

→ おばけやしきを作るには?準備の仕方、アイデア、大道具、小道具の作り方を紹介!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました