おばけやしきの小道具②張子でガイコツの作り方

ガイコツ1 子供会のアイデア
スポンサーリンク

ガイコツ1

 おばけやしきにガイコツの置物が置いてあったら怖いだろうな~。

でも買うと高いし・・・。ってことで、張子で作ることを考えました。

 張子とは、型に和紙などを貼って作る人形などのことを言います。

今回の張子は、風船を型に使って、新聞紙と半紙を貼って作ります。なので、お金もほとんどかからない♪

小学校の図工で、首が動く牛?のようなものを張子で作ったことがあったなぁ・・・。

今の子供たちはやらないのかな??

 張子はガイコツ以外も作れるので、いろいろなものに応用ができます。

ぜひ、この作り方を参考にしてみてくださいね~。

 

スポンサーリンク

張子でガイコツの作り方

用意するもの

・風船

・新聞紙

・半紙や和紙などのやわらかい紙

・厚紙

・ボンド

・水

・絵の具などの塗料

・はさみ、カッター、セロハンテープ

 

 

作り方

①風船をふくらませる。

風船

 今回はダイソーの9インチの風船を使いました。

作りたいもの大きさに風船をふくらませます。

 

②型紙を作る。

ガイコツ2

A4のコピー用紙に図案を書きました。

風船の大きさに合わせて作ってくださいね。

       ↓

ガイコツ3

 厚紙に図案を写します。下の歯を書き忘れました・・・。

書いた線に沿って切ります。頭の上と横の部分は、丸い形を出すため、三角形に切り込みを入れてください。

 

③風船に厚紙を貼る。

ガイコツ4

風船を覆うように厚紙で形を整えます。

 

横から見ると・・・

ガイコツ5

 

④頭の後ろ部分に新聞紙を貼る。

ガイコツ6

厚紙のない部分を新聞紙で覆います。

 

横から見たところ。

ガイコツ7

ちょっとバランスがよくないですね。

後ろは見えないから~と私は結構ザツに作ってしまいました。

 

⑤新聞紙を貼る。

ガイコツ8

ボンドを水で薄めたものを塗り、細かくちぎった新聞紙を全体に貼っていきます。

私は2重くらいに貼りました。

 

⑥半紙を貼る。

ガイコツ9

新聞紙の上に、今度は半紙をちぎったものを貼っていきます。

これも2重くらいに貼りました。

貼り終わったら乾かします。

 

⑦形を整える。

8割くらい乾いたら、風船に切れ目を入れてしぼませ、抜き取ります。

風船はバン!ってならずにシューって空気が抜ける感じなので、怖がらずに大丈夫ですよ(笑)

ガイコツ10

目と鼻、頬、あご辺りにくぼみを作り、ガイコツっぽくします。

完全に乾いてしまうと硬くて形を変えるのが大変になります。8割くらいだと形を作りやすいです。

 

横からみたところ。

ガイコツ11

まだ平面的なので、くぼませた周りに高さを出します。

高くしたい部分に、再びちぎった半紙を重ねて貼って、ガイコツの形を作っていきましょう。

ゴツゴツした感じになるように、様子を見ながら頑張って作ってくださいね。

貼り終わったら、今度は完全に乾かします。

 

⑧色を塗る。

ガイコツ1

絵の具などで色をつけます。

私は、ダイソーの水性ニス(ウォールナット)に黒のペイントを混ぜて塗りました。

 

横から見ると

ガイコツ12

こんな感じです。

くぼんでいる部分は少し暗め、濃いめを意識して塗ると立体的に見えます。

 

ガイコツの置物、作るのが無理な方はネットで買うこともできます。

↓ ↓ ↓

 

ドクロ ガイコツ 模型 頭蓋骨 頭骨 ハロウィン 装飾 リアル髑髏 Aタイプ

新品価格
¥1,400から
(2018/8/6 11:54時点)

 

まとめ

 ガイコツの置物は張子で自作することができました。

たくさん作って、置いておいたらきっと怖いと思います。

上手く作れるか心配な人もいると思いますが、おばけやしきで使うなら、暗闇なので細かい部分はよく見えません。ちょっとぐらい作りがザツでもわからないから大丈夫!! 

私も結構ザツです(笑)

おばけやしきの準備では、作るものもいろいろあって大変ですが、頑張って作ってみてくださいね~。

 

おばけやしきの作り方、その他の大道具、小道具はこちらのページでまとめています。

→ おばけやしきを作るには?準備の仕方、アイデア、大道具、小道具の作り方を紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました