おばけやしきの大道具④ダンボールで十字架の作り方

十字架1 子供会のアイデア
スポンサーリンク

 洋風のおばけやしきにするなら、十字架を作ってみてはいかがでしょうか?

ダンボールで作ることができますよ。

でも、ダンボールだとヨレヨレになりそう??

そんなことはありません!ダンボールで作ってもグラグラせずに頑丈に作ることができるんですよ。

グラグラせずにしっかりとした十字架を作るコツも教えますね!

 

スポンサーリンク

洋風のおばけやしきに!十字架の作り方

 用意するもの

・ダンボール 2個

・半紙

・麻ひも

・結束バンド

・カッター、ハサミ、キリ、セロハンテープ

・絵の具などの塗料(赤)

・筆や使い捨てのゴム手袋など、トレー

・下に敷く新聞紙

 

作り方

①ダンボールの側面を切り、細長く開く。

十字架4

使用するダンボールは細長い形のものを選ぶとよいと思います。

今回は、そうめんの箱を2個使いました。

 

②十字架の縦のパーツを作る。

 ダンボール箱の角の部分は折り目があって、十字架を立てた時にグラグラするので、ダンボールを重ねて強度を高めます。

十字架2

下になる方の折り目でダンボールをカットし、2枚を重ね合わせます。

重なった部分にキリで穴を開け(外側2箇所)、結束バンドで固定します。

ココがしっかりとした十字架を作るコツです!

        

十字架3

両側を折りたたんで、上下にキリで穴を開け、結束バンドで留めます。

折りたたんで3重になっているので、頑丈に作れますね。

        

十字架5

上になる方も同じように折りたたみ、結束バンドで留めます。

 上の折り目部分は重ねずにそのまま使います。

このままだとグラグラしますが、後で折り目部分に横のパーツと一緒に固定するので大丈夫です。

 

③横のパーツを作る。

もう1個のダンボールを、縦のパーツとのバランスを見ながら、必要な長さにカットし、縦のパーツと同じように細く折りたたんで、両端にキリで穴を開けて結束バンドで固定します。

十字架11

今回は、折り目の部分(青い線)でカットして使いました。

 

④縦と横のパーツを組み合わせる。

十字架6

縦のパーツの上の折り目部分に横のパーツを重ね、2箇所(青い★の部分)に穴を開け、結束バンドで縦と横のパーツを固定します。

少しくらい曲がってしまってもOK!それも怖さの演出になります♪

さらに、麻ひもを×状に巻きつけてしっかりと固定します。

 

⑤半紙を巻きつける。

十字架7

半紙を細く裂いたものを十字架にぐるぐる巻きつけていきます。

半紙の代わりに、トイレットペーパーでもOKです。

巻き終わりは裏にセロハンテープで留めましょう。

 

⑥血のりをつける。

十字架9

赤い絵の具などで血のりをつけます。

筆で塗ってもいいです。私は筆でうまく血のりが表現できず、ゴム手袋を手にはめて、手で付けました。

絵の具のトレーはいつも豆腐のパックです(笑)

 

十字架10

血のりが乾いたら完成です!

小さめの十字架も作りました。

 

まとめ

 十字架はおばけやしきに洋風らしさを出すのにぴったりですね。

お墓と一緒にたくさん立てて使うといいですね~。

血のりをつけると怖さも増しますね。

ダンボールと半紙で作れるので、ぜひ作ってみてくださいね。

 

おばけやしきの作り方、その他の大道具、小道具はこちらのページでまとめています。

→ おばけやしきを作るには?準備の仕方、アイデア、大道具、小道具の作り方を紹介!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました