1年生の自由研究に!貝殻の標本の作り方

貝殻
スポンサーリンク

貝殻

 夏といえば海!砂浜にはたくさんの貝殻が落ちていますよね。

夏休みに海へ行ったら、拾った貝殻を使って標本を作ってみませんか?

低学年のお子さんにぴったりの自由研究になりますよ!

貝殻の標本作りはあまり時間をかけずにできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

貝殻の標本の作り方

 貝殻の標本作りは、三男が1年生の時の自由研究のテーマでした。

たまたま行った海水浴でたくさん貝殻を拾ったので、その貝殻を使って標本を作りました。

その時作った標本は箱が壊れてしまったのですが、貝殻はビンに入れて飾ってあります。

実際に標本に使った貝殻を使って、その時の作り方を再現してみました。

 

用意するもの

・古いハブラシ、いらないタオルなど(貝殻を洗うのに使います)

・浅くてフタのある空き箱(贈答用お菓子など)

・厚紙

・透明なクリアファイルまたはプラバン

・化粧用のコットン、綿など

・セロハンテープ、ハサミ、カッター、メモ用紙など

 

 ★標本にする貝殻の名前は、図鑑やインターネットなどで調べておいてくださいね!

 

作り方

①貝殻を洗う

拾ってきた貝殻は、古いハブラシを使って水できれいに洗い、しっかりと乾かしておきます。

 

②空き箱のフタを切り抜く

空き箱のフタの中央をカッターで切り抜きます。

カッターを使うときは、ケガのないように大人がサポートしてあげてくださいね!

貝殻の標本2   

        

貝殻の標本3

周りを1cmくらい残して切るとよいでしょう。

 

③フタの内側にクリアファイルを貼る

クリアファイルを箱の大きさに切って、フタの内側にセロハンテープで留めます。

貝殻の標本4

 私はクリアファイルを使いましたが、クリアファイルだと仕上がりが半透明になります。

プラバンを使うとさらに透明になるので、プラバンの方がオススメです!

 

④仕切りを作る

箱の底の方の大きさに合わせて、厚紙を切ります。

貝殻の標本6

今回は、横2本、縦3本作りました。

貝殻の標本5

 

⑤仕切りに切り込みを入れる

縦か横のどちらかの仕切りに切り込みを入れます。

一度、仮置きして、切る位置に鉛筆で印をつけておきます。

貝殻の標本7

        

貝殻の標本8

印をつけたところに切り込みを入れます。三角に切ると仕切りが組みやすいです。

 

⑥仕切りをつける

貝殻の標本9

仕切りを組み合わせ、セロハンテープで固定します。

 

⑦貝殻を入れる

貝殻の標本10

仕切りの中に化粧用のコットンを敷き、貝殻を入れます。

貝の名前を書いた紙をそれぞれのマスに一緒に入れるとよいです!

 

⑧フタをしめて完成です♪

貝殻の標本1

 

レポートにまとめて完成度をUPさせよう!!

 標本を作るだけでもよいのですが、作り方などをまとめたレポートをつけると、さらに充実した内容に仕上げられます。

レポートの構成例もご紹介しますので、ちょっと頑張ってレポートを書いてみませんか?

《レポートの構成例》

1.作ったきっかけ

2.使ったもの

3.貝殻の標本の作り方(作り方を順番に書いていく。作っているときの様子を写真に撮って貼ってもいいですね!)

4.感想(標本を作ってみて感じたこと、工夫したこと、大変だったこと、貝殻の名前を調べてみてわかったことなど)

 

まとめ

 貝殻の標本作りは簡単にできるので、1年生の自由研究のテーマにぴったり!

貝殻の名前を調べることで、いろんな貝のことを知ることもできます。

2、3年生なら、貝の特長や分類などもレポートにまとめるといいですね!

 楽しい夏休みの海の思い出を残しておける貝殻の標本作り、ぜひ挑戦してみてくださいね☆

 

他のテーマも見てみる!

 → 小学生の自由研究のテーマは何にする?実際に取り組んだテーマを紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました